武蔵円明流判官派

musashi@shukido.jp

武蔵円明流判官派・宗家について

第15代宗家・諸田森二

諸田宗家20代で合気道、杖道を学ぶ。GHQでの航空測量、出版社勤務などを経て、世界中を放浪する。

1971年 上海・中医学院で医療気功を学び、以降、医療気功の道へ進む。

1988年から立身流、夢想神伝流を学び居合四段を取得する。

1994年 中村泰三郎師範の元で抜刀道を学び五段を取得する。

2001年 武蔵円明流判官派第14代宗家・高橋華王九段に正式入門する。

2003年1月に「最高師範」と八段及び「第一宗師」を授与された。

2003年に高橋宗家が亡くなる。生前、将軍地蔵参拝時に次期宗家継承を託された経緯から、高橋先生の意思に基づき第15代宗家を継承、円明流普及に尽力している。

写真右は14代高橋宗家(先代)と「第一宗師」授与を記念して千葉の将軍地蔵に参拝した時の写真です(2003年)。この時に宗家の引き継ぎが伝えられました。

アサヒタウンズに掲載されました!

アサヒタウンズ

アサヒタウンズ(2003年10月号)

朝日新聞の姉妹社「アサヒタウンズ」に掲載。「武蔵は多摩に生きている」の題で諸田宗家が紹介されました。

教士(第一宗師)・加来禎治

16代宗家幼少より剣道を始め、18歳から空手の道に進む。現在、武術空手修気道の宗家にして中国武術意拳「大成館」では師範(六段)を務める。2003年より15代宗家・諸田先生の元へ入門し六段を授与される。

2004-2005年 吉川英治記念館にて奉納演武。

2018年 諸田宗家より次期宗家の継承を託される。

2019年 東京都小平市にて円明塾小平稽古会を開始。武蔵円明流判官派の普及に努める。

*刀禅(新陰流、形意拳の達人・小用先生考案のボディーワーク)会員

宗家出演DVD